本文へ移動

営 業

木材・キッチンやユニットバス、サッシなどの住宅設備などの住宅関連資材と、中大規模の工事のご発注をいただく営業のお仕事です。主な商談相手はゼネコンさんとなり、完全BtoB(法人営業)のお仕事となります。既存企業様のルート営業と、新規獲得営業がメインとなりまして、その割合はおおよそ半々です。お仕事のエリアは、長野県内をメインに、なかでも東信北信がほとんどです。
 地域のお客様を大切に、地域の森と木にこだわった製品づくりを続け、木材の利用普及事業のさらなる発展を目指しています。
営業部 小林誠一郎
営業一筋、入社して25年になります。単純作業の繰り返しは苦手で、毎日違う刺激を味わいたい。そんな自分にぴったりの仕事だと日々感じています。

主な業務は、届いた図面から第三木材が請け負う部分をピックアップして見積もりの積算。人員や木材の手配など現場管理と、資材の配達もすることがあります。木工事の請け負資を全てうちでできるところがうちの強みではないでしょうか。内容が多岐にわたりますが、日々覚えていく楽しさもあります。現場との連携も大切な仕事です。

やりがいはやはり、「地域に貢献できる仕事だ」という実感があるところ。ありがたいことに、地元中心の公共事業、大型施設の木工事を多く請け負わせていただいています。以前手がけた小学校では、完成後に見学会を開催しました。喜んでいる子ども達の顔を見たり、「建築屋さん、大工さんありがとう」というコメントをもらったり。嬉しさを感じる瞬間です。同じ現場は2度とない、出会いの多い楽しい仕事です。
 
営業部 上野和真
出身は会社のある上小地区内。県外へ進学し、大学では経営や経済を学んでいました。
第三木材に出会ったのは、東京で開催されていたI・Uターン者向けの就職説明会です。自然が多く、山が近い長野県。戻って就職するなら木に関わる仕事もありかも、くらいの認識でした。一番印象に残っているのは、説明に来ていた総務の方の人柄。和気あいあいと話が弾み、働きやすそうな雰囲気に惹かれて入社を決めました。
 
仕事は、勉強するというより体を動かしながら覚えていく感覚です。大工さんから現場で教わることも多いですね。年は離れていますが、みんな“気のいいおじいちゃん”という感じ。関わるようになって“職人気質で気難しそう”という業界のイメージは一変しました。

変わったといえば、街を見る目も変わって来ました。1つの建物ができる過程には、お施主さんの思いや職人の技、仕上げに至るまで、本当にたくさんの繋がりがあります。自分の仕事はその入り口。木材の手配や見積もりを作ることが主ですが、つくる人、使う人、みんなにとって少しでもベストなものを選ぶようにしています。今は、繋がりの一部を担っている実感が嬉しいです。
株式会社 第三木材
〒389-0514
長野県東御市加沢201-5
TEL.0268-62-1202
FAX.0268-62-1204
1.建築資材の流通販売
2.長野県産材製品の加工・販売
3.大工工事の請負
4.防火・防腐処理木材製品販売
 
TOPへ戻る